人気記事

    【白猫】ドラクエGOとまさかのコラボ?!世界観大丈夫?

    ss.jpg
    21: 2019/09/18(水) 10:39:59.35

    うおぉぉドラクエGO白猫コラボだあ😡世界観壊すぞ壊すぞーーっ!💪‍♀
    no title


    24: 2019/09/18(水) 10:42:49.67

    >>21
    ベースは2な
    わかってんだろうな?あ?


    28: 2019/09/18(水) 10:47:23.99

    >>24
    ひえっ…😨わ、分からないのです(ドラクエ2のことなのか転職勇者のことなのか)😭💦


    22: 2019/09/18(水) 10:41:33.22

    ドラクラコラボではぐれメタルの実装はよ


    26: 2019/09/18(水) 10:45:01.77

    no title


    25: 2019/09/18(水) 10:44:21.42

    餅武器ひかりのたまのヴァリアントりゅうおうで壊してくれていいぞ


    引用元: http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/gamesm/1568748265/



    最新記事ピックアップ


    この記事へのコメント

    名無しさん
    2019年09月20日 18:18
    折角ドラクエ!…と思ったらどこかで見た様なガチャ画面。
    そしてガチャスタンプ!
    余計な物を持ち込まないで下さい!コロプラさん。
    金の亡者め、ドラクエを拝金主義で汚さないで下さい
    2019年10月20日 14:31
    エロい黒タイツに包まれた尻を堪能しながら、マラを挿入しようと…。
    「ああ~~~?」
    いきなり彼女の黒タイツ美脚に跳ね除けられ、バランスを崩した私は全裸のまま床にゴロンと転がってしまった。
    顔面騎乗の体勢で私の顔の上に座りながらルウシェ様は軽やかに黒タイツ美脚を振り上げる。
    振り下されたルウシェ様の美脚が、無防備なマラをぴしゃりと打ち捉えた。
    美しきルウシェ様から賜った極上の制裁に、私はガクガクと腰砕けになってしまう。
    「わかっているのですか?貴方達男が―――――どれだけ情けない存在なのかを」
    「ひぃいぃ~~~~~~~~ん!」
    「きちんと想像できていますか?」
    「あひぃぃ~~~~~~~~んっ!」
    未熟な部下の頬を叩いて発破をかけるように、ルウシェ様の足は繰り返しマラを挟み打つ。
    「私は全てお見通しです。貴方は女子に敗北すると勃.起してしまう惨めな負け犬だと」
    「見下されると勃.起。叱られるとまた勃.起。嘲笑されるとさらに勃.起」
    「しまいには自ら服従を望んで―――――マゾ勃.起。何か異論はありますか?」
    「あぁっ♡あ、あぁ~~ん・・・・!」
    「きちんと答えなさい、マゾ犬」
    ルウシェ様の黒タイツに包まれた足指が、マラの根元をキュッと挟み込む。それだけで腰砕けになっていた背筋がピンと伸び、自然と言葉が口から溢れ出してきた。
    「ひぃ~んっ!ルウシェ様のおっしゃる通りです~~・・・」
    「うふふっ・・・よろしい。少しは自分の立場がわかってきたようですね」
    「んんっ、ふぁいっ・・・ちゅうっ、れろれろっ・・・」
    唾液に濡れた舌を伸ばし、丁寧な動きでルウシェ様の肛門を舐める。
    豊満な尻肉から漏れてくるピチャピチャという音は、そんな飼い主に媚びるマゾ犬に相応しい甘えきった音色だった。
    「あぁん、ルウシェ様、ルウシェさまぁ~ん・・・んちゅう~っ・・・ひぁんっ」
    「くすっ・・・肛門を舐められている私は微細も感じていないのに、舐めているマゾ犬はもう絶頂寸前ですか」
    黒タイツに包まれた美しきルウシェ様の足は、震えるマラを鷲掴みにした。
    「っひあ~~~~~~~~~~~~~~~んっ!!」
    「全く・・・ポコチンというのは救いようのない存在ですね」
    黒タイツのさらさらした感触が敏感なマラを余さず包み込んでくる。
    全身が灼けつくような快感に翻弄されながら、私は必死で肛門を舐めしゃぶった。
    「ふふっ、好きなだけお舐めなさい。貴方に出来ることなどその程度ですもの」
    2019年10月20日 14:31
    「ほら、情けないマゾちん.ぽこは足でいじり回してあげましょう」
    「あひぃ~~~~~~んっ!」
    すらりと伸びた美しい黒タイツ美脚が、マラを悠然と弄ぶ。
    「血管の浮いた竿をなぞって、亀.頭を指先でつまみ上げて」
    「たるんだ皮をクイクイと引っ張ってやると、一段と情けない姿になりますね」
    「ひぃ~~ん、ルウシェさまぁ~~~」
    「ふふ、なんてみっともないんでしょう。これだからマゾ犬は始末におえませんね。貶されれば貶されるほど興奮してしまうんですから」
    ルウシェ様の嘲笑が、そのまま快感となってマラを侵食してゆく。
    「そら、もっと股を開いて金.玉揺らしなさいマゾ犬。つま先もピーンと伸ばして、恥ずかしい姿を存分に見せなさい」
    「やあぁ~~~~~んっ、ルウシェ様の足ぃ、ルウシェ様の黒タイツのおみ足ぃぃぃ~~~~んっ」
    ルウシェ様の黒タイツ美脚が、マラを、金.玉を容赦なく責め立ててゆく。
    「ひぃいぃぃ~~ん!イグッ、イグッ♡ やぁあぁ~~~んっ♡」
    2019年10月20日 14:34
    「ふふふっ・・・いくら泣いても無駄ですよ。同情はしません。チン ポは悶絶するしかありませんね」
    2019年10月20日 14:35
    「ひぃ~~、イグゥ、ルウシェさまぁあ♡ 美しい、ルウシェさまあぁ~~~っ!」
    「くすっ、あまりの気持ちよさに壊れてしまいましたか。そら、ちん.ぽこつねってやりますから気を確かに持ちなさい」
    「あひぃ~んっ!あひ、あし、足ぃぃ、黒タイツうぅうぅぅぅう~~~~~んっ」
    「あらら、さらに壊れてマゾ本能が駄々洩れですね」
    「ルウシェ様のおみあひぃ、おしりぃ、黒タイツぅっ・・・チン ポだめぇ、イっちゃう、イかされちゃうぅ~~~んっ・・・!!」
    2019年10月20日 14:38
    「ルウシェ様のおみあひぃ、おしりぃ、黒タイツぅっ・・・チン ポだめぇ、イっちゃう、イかされちゃうぅ~~~んっ・・・!!」
    「そうですね、イかされちゃうんです。貴方のチン ポは私の足でみじめにマゾ射 精してしまうんです。嬉しいですか?」
    「あひぃ~~ん、うれひいっ、ルウシェ様の黒タイツおみ足でマゾ射 精うれしいですぅぅうぅ~~~っ!!」
    2019年10月20日 14:38
    「うふふっ・・・正直者で結構。ではそろそろですね。一番欲しがってるものをあげましょう」
    「自分の力は何一つ及ばず、女子の足の一振りで一斉にひっくり返ってしまう・・・情けな~い敗北を♡」
    「っ・・・ひゃあぁああぁぁあぁぁぁあぁ~~~~~~~~~~~んっ!! ふごあぁああぁ~~~~~~~~~~~~~~~イッちゃうぅぅ~~~っ!!」
    ビュルルルル‼‼ビュー‼ビュー‼ビュビュゥゥッッッッ!!!ドビュルウゥゥゥッ!! 黒タイツ美脚にマラの根元から亀.頭までグチュグチュと扱かれ、大量の精 液が一直線に天まで噴き上がった。
    悶絶しながら、私はエロいタイツにかつてないほどの量のザ―メンを放出させられた…。
    2019年10月20日 14:40
    新ルウシェをゲットしたんじゃあああ♪タイツ美脚をたっぷりと堪能できる艶めかしい足コキポーズの覚醒イラストを引っさげた勃.起後即絶頂間違いなしの次の新ルウシェに期待してたくさんかけてあげるからねえドピュピュッ!!神運営すぎいギュイイイインッッ!!
    輝剣ルウシェがエロすぎて股.間がとんでもないことになっているんだあドビュルルルル‼‼ビュー‼ビュー‼ドピュッ!!ああ^~興奮のあまり出ちゃったあエロい黒タイツがたまらないわあ♪ドピュピュッ!!
    ひょっとしてオレは…自分が気づいていない以上に!!オレが求めるべきものに!近づいているのかッ!なんとジュエル貯蓄2万9千を超えちゃったし島リセもまだしてないしプレボにもジュエルまだ貯まってるし次の推しキャラに備えて3万以上を目標に貯蓄するんだあ
    今日もむちむちとしたエロタイツのシエラと黒タイツ美脚がたまらないトワとカレンとルウシェで股.間をむくむくと凶悪なまでに大きくしながらデイリーミッションを消化してるんだあビュルルルル‼‼
    サービス開始時からずっと無課金で推しキャラコンプしてるしこれからもコンプしちゃうんだあピュピュピュッ!!
    無課金でシエラや黒タイツ美脚ルウシェや巫女やカレンやその他推しキャラをモチーフ武器含めコンプさせてくれるなんて神運営すぎいドバァァーッ!!
    次の推しキャラへの備えはまさに恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ…今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!次の推しキャラ達も無課金で確実にゲットしてたくさん気持ちよくしてあげるからねえ

    エロい黒タイツに包まれた尻を堪能しながら、マラを挿入しようと…。
    「ああ~~~?」
    いきなり彼女の黒タイツ美脚に跳ね除けられ、バランスを崩した私は全裸のまま床にゴロンと転がってしまった。
    顔面騎乗の体勢で私の顔の上に座りながらルウシェ様は軽やかに黒タイツ美脚を振り上げる。
    振り下されたルウシェ様の美脚が、無防備なマラをぴしゃりと打ち捉えた。
    美しきルウシェ様から賜った極上の制裁に、私はガクガクと腰砕けになってしまう。
    「わかっているのですか?貴方達男が―――――どれだけ情けない存在なのかを」
    「ひぃいぃ~~~~~~~~ん!」
    「きちんと想像できていますか?」
    「あひぃぃ~~~~~~~~んっ!」
    未熟な部下の頬を叩いて発破をかけるように、ルウシェ様の足は繰り返しマラを挟み打つ。
    「私は全てお見通しです。貴方は女子に敗北すると勃.起してしまう惨めな負け犬だと」
    「見下されると勃.起。叱られるとまた勃.起。嘲笑されるとさらに勃.起」
    「しまいには自ら服従を望んで―――――マゾ勃.起。何か異論はありますか?」
    「あぁっ♡あ、あぁ~~ん・・・・!」
    「きちんと答えなさい、マゾ犬」
    ルウシェ様の黒タイツに包まれた足指が、マラの根元をキュッと挟み込む。それだけで腰砕けになっていた背筋がピンと伸び、自然と言葉が口から溢れ出してきた。
    「ひぃ~んっ!ルウシェ様のおっしゃる通りです~~・・・」
    「うふふっ・・・よろしい。少しは自分の立場がわかってきたようですね」
    「んんっ、ふぁいっ・・・ちゅうっ、れろれろっ・・・」
    唾液に濡れた舌を伸ばし、丁寧な動きでルウシェ様の肛門を舐める。
    豊満な尻肉から漏れてくるピチャピチャという音は、そんな飼い主に媚びるマゾ犬に相応しい甘えきった音色だった。
    「あぁん、ルウシェ様、ルウシェさまぁ~ん・・・んちゅう~っ・・・ひぁんっ」
    「くすっ・・・肛門を舐められている私は微細も感じていないのに、舐めているマゾ犬はもう絶頂寸前ですか」
    黒タイツに包まれた美しきルウシェ様の足は、震えるマラを鷲掴みにした。
    「っひあ~~~~~~~~~~~~~~~んっ!!」
    「全く・・・ポコチンというのは救いようのない存在ですね」
    黒タイツのさらさらした感触が敏感なマラを余さず包み込んでくる。
    全身が灼けつくような快感に翻弄されながら、私は必死で肛門を舐めしゃぶった。
    「ふふっ、好きなだけお舐めなさい。貴方に出来ることなどその程度ですもの」
    「ほら、情けないマゾちん.ぽこは足でいじり回してあげましょう」
    「あひぃ~~~~~~んっ!」
    すらりと伸びた美しい黒タイツ美脚が、マラを悠然と弄ぶ。
    「血管の浮いた竿をなぞって、亀.頭を指先でつまみ上げて」
    「たるんだ皮をクイクイと引っ張ってやると、一段と情けない姿になりますね」
    「ひぃ~~ん、ルウシェさまぁ~~~」
    「ふふ、なんてみっともないんでしょう。これだからマゾ犬は始末におえませんね。貶されれば貶されるほど興奮してしまうんですから」
    ルウシェ様の嘲笑が、そのまま快感となってマラを侵食してゆく。
    「そら、もっと股を開いて金.玉揺らしなさいマゾ犬。つま先もピーンと伸ばして、恥ずかしい姿を存分に見せなさい」
    「やあぁ~~~~~んっ、ルウシェ様の足ぃ、ルウシェ様の黒タイツのおみ足ぃぃぃ~~~~んっ」
    ルウシェ様の黒タイツ美脚が、マラを、金.玉を容赦なく責め立ててゆく。
    「ひぃいぃぃ~~ん!イグッ、イグッ♡ やぁあぁ~~~んっ♡」
    「ふふふっ・・・いくら泣いても無駄ですよ。同情はしません。チン ポは悶絶するしかありませんね」
    「ひぃ~~、イグゥ、ルウシェさまぁあ♡ 美しい、ルウシェさまあぁ~~~っ!」
    「くすっ、あまりの気持ちよさに壊れてしまいましたか。そら、ちん.ぽこつねってやりますから気を確かに持ちなさい」
    「あひぃ~んっ!あひ、あし、足ぃぃ、黒タイツうぅうぅぅぅう~~~~~んっ」
    「あらら、さらに壊れてマゾ本能が駄々洩れですね」
    「ルウシェ様のおみあひぃ、おしりぃ、黒タイツぅっ・・・チン ポだめぇ、イっちゃう、イかされちゃうぅ~~~んっ・・・!!」
    「そうですね、イかされちゃうんです。貴方のチン ポは私の足でみじめにマゾ射 精してしまうんです。嬉しいですか?」
    「あひぃ~~ん、うれひいっ、ルウシェ様の黒タイツおみ足でマゾ射 精うれしいですぅぅうぅ~~~っ!!」
    「うふふっ・・・正直者で結構。ではそろそろですね。一番欲しがってるものをあげましょう」
    「自分の力は何一つ及ばず、女子の足の一振りで一斉にひっくり返ってしまう・・・情けな~い敗北を♡」
    「っ・・・ひゃあぁああぁぁあぁぁぁあぁ~~~~~~~~~~~んっ!! ふごあぁああぁ~~~~~~~~~~~~~~~イッちゃうぅぅ~~~っ!!」
    ビュルルルル‼‼ビュー‼ビュー‼ビュビュゥゥッッッッ!!!ドビュルウゥゥゥッ!! 黒タイツ美脚にマラの根元から亀.頭までグチュグチュと扱かれ、大量の精 液が一直線に天まで噴き上がった。
    悶絶しながら、私はエロいタイツにかつてないほどの量のザ―メンを放出させられた…。