人気記事

    【白猫】凱旋ジャンボ5回引いて来た星4キャラ〇体だったんだがコレ普通?

    ss.png
    80: 2019/04/14(日) 13:59:18.26

    凱旋ジャンボ5回やってきたが星4とか2体くらいしか出なかったな
    特にショックも受けないがこんなもんかね


    82: 2019/04/14(日) 14:03:47.36

    >>80
    僕は5枚で ☆4でした
    浅井さん…どうして😿


    83: 2019/04/14(日) 14:04:05.46

    >>82
    ☆4が0


    85: 2019/04/14(日) 14:05:42.70

    >>83
    浅井さんはいつでも見守っておられます。与えられた試練を乗り越えたとき浅井さんは貴方に祝福を授けるでしょう。


    89: 2019/04/14(日) 14:07:51.71

    >>85
    先日 初めてドッカン体験しました
    貴重な経験と
    シート2枚目ありがとうございます🐘
    浅井さんに感謝!☺


    94: 2019/04/14(日) 14:20:24.83

    >>89
    啓蒙な浅井さん信者には祝福を授けます👼


    98: 2019/04/14(日) 14:26:42.48

    >>89
    こないだ復帰してシエラ引くまでに
    被り5 2 2 1 の170連だったわ
    こんなのネーだろって動画見てたら
    大体みんなこんな感じでナルホドってなったわw
    目玉は結構沈めてる感じなんかね


    81: 2019/04/14(日) 14:00:16.91

    俺は一体だけだった


    84: 2019/04/14(日) 14:04:59.25

    凱旋ジャンボなんて持ってないキャラ一人でも引ければ大当たりなんだ✌


    引用元: http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/gamesm/1555203461/



    最新記事ピックアップ


    この記事へのコメント

    2019年04月15日 21:54
    新イベの新キャラじゃちっとも股間が大きくならないからガチャスルー余裕なんだあ
    ジュエル貯め捗るしもうすでにたくさん貯まってて気持ちいいわあ♪
    新シエラがエロすぎて股間がとんでもないことになっているんだあドビュルルルル‼‼ビュー‼ビュー‼ドピュッ!!ああ^~興奮のあまり出ちゃったあエロいボディタイツがたまらないわあ♪ドピュピュッ!!
    オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。なんとジュエル貯蓄2万3千を超えちゃったし島リセもまだしてないしプレボにもジュエルまだ貯まってるし次の推しキャラに備えて3万以上を目標に貯蓄するんだあ
    今日もむちむちとしたエロタイツのシエラと黒タイツ美脚がたまらないギガトワで股間をむくむくと凶悪なまでに大きくしながらデイリーミッションを消化してるんだあビュルルルル‼‼
    サービス開始時からずっと無課金で推しキャラコンプしてるしこれからもコンプしちゃうんだあピュピュピュッ!!
    無課金でシエラや黒タイツ美脚ルウシェや巫女やキアラやその他推しキャラをモチーフ武器含めコンプさせてくれるなんて神運営すぎいドバァァーッ!!
    次の推しキャラへの備えはまさに『光』がある筈だ…『光』を探せ。『光』の中へ!次の推しキャラ達も無課金で確実にゲットしてたくさん気持ちよくしてあげるからねえ
    エロいボディタイツに包まれた尻を堪能しながら、マラを挿入しようと…。
    「ああ~~~?」
    まるでレスリングの攻防のように私とシエラとの体位が入れ替わっていた。
    「こうなったら私がぁ…全部リードしてあげるっ!」
    上から体重を乗せられ、ちんぐり返しの姿勢で固定される。
    シエラは私の両足首を握り、そのまま激しく腰を動かし始めた。
    「あひぃぃぃ!駄目、だめぇぇ~~っ!」
    「ほらっ、セ.ックスっていうのはぁ…こうするのよぉっ!」
    ずるん、とマラが引き抜かれかかったかと思うと、次の瞬間に深々と根元まで陰部に突き刺さる。
    「あ~~~~っ!」
    時間にして1秒にも満たない、たったひと往復で私は絶頂してしまった。
    「うふふっ…やっぱり、ね。アッサリ射精しちゃった♪挿れただけでもう限界だったのね。でもぉ…」
    「ひあっ!?あぁぁあぁあ~~~っ!?」
    「その限界を超えなきゃ、セ.ックスの意味が無いでしょうっ!?」
    息つかせる暇もなくシエラは叩きつけるようにピストンを続行する。
    射精したばかりの敏感なマラに耐え難い快感が容赦なく襲ってくる。
    「あ~~っ!ひぃ~!駄目駄目駄目ぇ~!!」
    「あはっ、イキたければイッていいのよっ!私のオマ.ンコはちょっとやそっとの射精で萎えさせるほど甘くないわよっ!」
    「ほ~ら、ほらほらほらっ♪またイッちゃうんでしょう、またチ.ンポ射精しちゃうねっ!?いいわよホラ、スケベなザ―メンどっぴゅんしちゃいなさいっ!」
    「あひぃぃぃぃぃぃ~~~んっ!!もう駄目ぇ~~~っ!」
    パンッパンッ!!パンッパンッ!!パンッパンッ!!パンッパンッ!!肉と肉の激しくぶつかる音が、部屋に鳴り響く。
    「うふふっ、気持ちいい?もっとイジメたくなっちゃう♪」
    「あひぃ、しゅごいぃぃ~~んっ!」
    「女に犯されて手も足も出ないなんて・・・、本当に情けないマゾ男ねっ!」
    「ひぃぃぃ~~んっ!、情けなぃぃぃ~~っ!」
    ズンズンズンズンズンズンズンズンズンズンズンズンッ!!私への罵倒に自分も興奮してきたのか、シエラの腰を動かす速度が増してゆく。もうすぐ、イキそうだ!
    心底見下げ果てたかのような、それでいて愉悦と恍惚に塗れた表情で私を見下ろすシエラの足首を握る手に力がこもる。
    「ほ~~らぁっ、射精の時間よっ、マゾチ.ンポっっ♪」
    ズンッッ!!止めと言わんばかりに強烈に腰を叩きつける。生き物のように陰部が深々とマラを咥え込む。次の瞬間、マラを凄まじい締め付けと快感が襲った。
    「あひぃぃぃぃぃぃ~~~イッちゃうぅぅ~~~っ!」
    ビュルルルル‼‼ビュー‼ビュー‼ビュビュゥゥッッッッ!!!ドビュルウゥゥゥッ!!私はエロいタイツにかつてないほどの量のザ―メンを放出させられた…。
    「農家の娘は、たくましいのよ♡」
    ズッズッズンッ!!シエラは再び腰を動かし始めた…。(to be continued)